ホテルや旅館のような宿泊施設のインフォメーションサイト

>

ホテルと旅館それぞれのメリットとデメリット

ホテル利用の長所と短所

宿泊客のプライベートを重んじたサービス提供を主軸としているホテルへの宿泊における長所は、何といっても宿泊に際しての自由度の高さで、宿泊時の食事の回数等も事前に調整できる柔軟性の高さによって、宿泊時の行動にほとんど制限がかかりませんし、基本的にトイレが客室に備わっている点もプラスです。

逆に短所となるのは、自由度の高さに比例した宿泊サービスの細かい指定に手間がかかる点であり、基本プランで満足できるのなら構わないでしょうが、基本不干渉を前提とするホテル側に基本プランにプラスして何かを求めるのなら、あらかじめ申請を済ませておいたり、電話でフロントに連絡したりといった能動的対応が求められることでしょう。

旅館に泊まるメリット・デメリット

宿泊客に快適な環境を提供するために従業員による積極的なサポートがサービスのベースとなる旅館への宿泊に際してメリットとなるのは、宿泊に際して基本的には何もする必要がない点であり、食事の配膳から寝具の準備に至るまでの一切を旅館の従業員に丸投げできるので、温泉に入ったりしながらのんびりとした時間を過ごすことができるでしょう。

ただし、食事の配膳や寝具の準備を丸投げできる一方で、サービス提供の都合上、ある程度は旅館から時間的な制約を受けることは避けられないため、自由度ではやや劣り、受動的に提供されるサービスを楽しむだけでは物足りない場合があることは、旅館の宿泊施設としてのデメリットと言えるかも知れません。


この記事をシェアする