ホテルや旅館のような宿泊施設のインフォメーションサイト

>

サービスによるホテルと旅館の比較と利用に際しての利用者の状況

サービスによるホテルと旅館の比較

建造物としての法的な根拠に基づくホテルと旅館の相違こそ、ホテルと旅館の建造物としての明確な相違ではあるものの、ホテルと旅館にはサービスの指針においても違いが見られ、ホテルは宿泊客がプライベートを保つために最小限の干渉に留め、客室で過ごすことを阻害しないサービス提供をベースとしており、宿泊客にとって客室がプライベートな空間であることを重視していることが類推可能できます。

他方、旅館は従業員によるサービスによって宿泊客が不自由しないことをベースとしたサービス提供を行うために、従業員と宿泊客との接触機会が多く、宿泊客のプライベートよりも宿泊客にとっての快適さに重きを置いてサービスを提供していることが窺えるのです。

状況に応じたホテルと旅館の使い分け

ホテルと旅館で宿泊客に提供されるサービスに違いがある以上、個人的な嗜好や宿泊時の状況に合わせてホテルに宿泊するか旅館に宿泊するかを決め、より嗜好と状況にあったサービスを受けることが可能な宿泊施設を選んだ方が効率的かつ、ストレスを感じずに旅行や宿泊を楽しむことができるのではないでしょうか。

例えば、幼いお子さんを伴っての家族旅行の場合、従業員によって客室に食事が配膳され、寝具の準備が整えられるのが一般的な旅館の方が、お子さんが極度の人見知りでもない限りは、総合的な負担が小さくて済むでしょうし、観光を主体とした旅行においての拠点として考えるのなら、宿泊客のプライベート優先のホテルの方が適しているなど、それぞれの状況に応じてホテルと旅館を使い分けることができると、宿泊施設としての利便性が高まります。


この記事をシェアする