ホテルや旅館のような宿泊施設のインフォメーションサイト

>

ホテルと旅館の本質的な違いが生むサービス上の相違点

ホテルと旅館は何が違うのか

一般的にホテルや旅館は宿泊施設という認識で周知されていますし、あまり区別して考えない場合もあるのですが、法的根拠に基づく構造上の基準が設けられており、宿泊施設という共通点こそあれ、ホテルと旅館は明確に区別がなされているようです。

法的に明確な区別がる両者には構造的な違い以外にサービス面においての違いもあり、ホテルが宿泊客のプライベートを優先した宿泊サービスを提供する傾向が強いのに対して、旅館は宿泊客にいわゆる上げ膳据え膳で何もしなくてもよい細部にわたるサービスを提供する傾向が強いという違いが見られますし、ホテルが宿泊客にとって旅行先での拠点としての役割を果たす一方、旅館は宿泊客の旅行の目的地であるといった違いも見受けられます。

法的な建造物としてのホテルと旅館の違い

ホテルと旅館を最も明確に分かつ法的根拠である建造物としての構造基準はそれぞれ明確に定められており、ホテルの構造基準は10部屋以上の個室洋室に基準で定められた広さとバスルームを備え付け、鍵付きのドアと窓があることが構造基準として設定されているのに対して、旅館の場合、2人以上で宿泊可能な和室の客室5部屋以上を備え、既定の広さと布団かベッドがあり、建造物内にトイレと入浴設備があることが構造基準として設定されています。

やや、わかりにくいためシンプルにまとめると、バスルーム付きの個室洋室10部屋以上を求められるのがホテルで、寝具を備えた和室5部屋以上に加え建物自体に必要数のトイレと入浴設備が求められるのが旅館となりますので、極論、10部屋以上の洋室個室があるならホテル、5部屋以上の和室があってトイレや入浴設備が部屋に備えられていなければ旅館とみなして良いでしょう。


この記事をシェアする